免疫力とは

免疫力とは

エーザイが発売しているエイジングケアサプリ 美チョコラを無料モニターで手に入れて若く見えるお肌に

免疫とは

免疫力とは

免疫とは、疫病(病気)を免れることです。

 

たとえば、一度「はしか」などの伝染病にかかったほとんどの人はその伝染病にかからなくなります。これを「免疫ができた」と言います。
この免疫システムは、体内に侵入した細菌やウイルスなどを異物として攻撃することで、自分の身体を正常に保つという大切な働き、自己防衛機能です。
この免疫システムが働くことによって私たちは簡単には病気にならないようになっています。免疫力を高めることが健康生活にとって重要なことです。

 

ストレスと向き合う

免疫力とは

 病気にならない免疫力の高い体を作るには、ストレスを溜め込まないことが大事です。

ストレスを感じると自律神経が反応します。自律神経には活動するときに働いて興奮の体を作る「交感神経」と休むときに働いてリラックスの体を作る「副交感神経」の二種類があります。
ストレスを受けると交感神経が緊張します。病気にならず、健康的に生活するには心配事や不安といった精神的なストレスは勿論、働き過ぎや寝不足などからくる肉体的なストレスを引きずらないことでしょう。

 

体温を上げる

免疫力とは

 体温と免疫力はとても関係が深く、感染症などで高熱が出るのは、病原菌と闘い体温を上げることで免疫力を高めようとするからです。つまり体温が高いほど免疫力が高いといえるでしょう。

 体温を上げるには、お風呂にゆっくりと浸かるのが効果的で、お湯の温度は体温プラス4℃を目安にしましょう。体温が上昇して全身の血液がよくなるため、副交感神経が刺激されます。

薬の飲み過ぎは免疫力を下げる

免疫力とは

健康を保つために服用しているつもりの薬は、長期に薬を飲み続けることにより体に大きな負担をかけストレスになるでしょう。薬の服用は、血液を止めてしまうことで冷えの原因を作り、免疫力の低下にも繋がり、病気が治りにくい状態になります。

 慢性病を治すには、病気を招いた生き方を省みて、薬に頼らない根本的な改善が大切でしょう。